一般財団法人日本色彩研究所
・サイトマップ  ・サイトポリシー  ・お問い合わせ  ・掲示板
  1. トップページ
  2. 新着情報
  3. 製品案内
  4. 色の測定
  5. 受託研究
  6. セミナー情報
  7. 研究所概要
  8. 色の広場
  トップページセミナー情報2019'スケジュール>実習で学ぶ「システマティック・カラープランニング」

 実習で学ぶ「システマティック・カラープランニング」

カラープランニングは、「調査」から始まり、「デザイン設計」「色彩管理」「プロモーション」まで、一連の流れとして進めることで、よい結果が生まれます。本セミナーでは、特に「調査」と「デザイン設計」に焦点を当て、最近開発した「PCCS色彩設計分析ソフト」を用いた色の傾向分析実習や心理評価調査の体験、及び配色形式に基づくイメージの表現演習を通して、カラーシステムの系統性を利用した体系的な検討法を紹介いたします。これは各種商品、建築、WEB等、様々なデザイン分野で広く活用いただけます。
開催要項
会 期 2019年12月19日(木) 10:00〜16:30
定 員 20名(先着順)
会 場 (一財)産業人材研修センター【霞会館】 東京都港区西麻布3-2-32  mapを開く 
受講費 一般 : 33,000円(税込)

色彩指導者認定者色彩管理士認定者及び 賛助会員 : 29,700円(税込)
お申し込み ただいま受講申込み受付中です。下記メールフォームよりお申し込み下さい。
受講申し込みフォーム

・電話だけでのお申し込みは受け付けておりません。
・受講申込み受付後、担当より確認のメールを入れさせていただきます。
・請求書を郵送致しますので、記載の銀行口座へ受講費用をお振込下さい。
・なお、ご入金後のご返金はいたしかねますので予めご了承ください。

お問い合せ

【セミナー担当】
 TEL 048-794-3817 FAX 048-794-3919 seminar.info@jcri.jp
資料請求フォーム

プログラム

10:00〜10:15
講師
赤木 重文
システマティックなカラープランニングについて

時間
10:15〜12:00
講師
大内 啓子
佐々木三公子
「PCCS色彩集計分析ソフト」による色の傾向分析

・分析の用途
・使用法の説明と分析

13:00〜14:00
講師
名取 和幸
ユーザーニーズ把握のための心理評価

・評価手法と解析法
・結果の活用

14:05〜16:30
講師
桜井 輝子
カラーシステムによる配色形式とイメージ表現

・色相とトーンによる配色形式
・配色形式に基づくイメージ表現
講師紹介
顔写真 【講師】桜井 輝子 東京カラーズ株式会社 代表取締役

人に役立つ色彩の提案、企業の商品を魅力的に演出するための研修やカラーコンサルティング、色彩教材の企画制作、書籍の執筆などを中心に活動している。
環境色彩コンペティション「グッドペインティングカラー」審査委員、インテリアコーディネーター、色彩検定・カラーコーディネーター検定試験認定講師
【所属学会】日本色彩学会

顔写真 【講師】赤木 重文 (一財)日本色彩研究所理事

様々な色彩計画に携わる。更に色彩教育においても大きな成果を挙げている。
日本大学芸術学部 非常勤講師(色彩学)
【所属学会】日本デザイン学会、日本色彩学会、日本プラント・ヒューマンファクター学会、日本感性教育学会

顔写真 【講師】名取 和幸 (一財)日本色彩研究所常務理事

さまざまな商品や環境のカラーデザインについて心理調査や視覚実験を行い、商品の魅力や機能性を高めたり、環境に相応しい色づかいの提案、コンサルを行っている。例えば、色やテクスチャの嗜好性とイメージ評価、色のユニバーサルデザイン対応の商品開発、構造物の景観評価など。
東洋大学、女子美術大学、文化学園大学 非常勤講師
【所属学会】日本色彩学会(関東支部長)、日本心理学会、日本建築学会、日本行動計量学会他会員

顔写真 【講師】大内 啓子 (一財)日本色彩研究所

人間工学的な見地より工業デザインや疲労などについて多くの事例を手掛けている。これは特に安全性の問題と深く関わっており、多方面より多くの関心が持たれている。
日本大学生産工学部、中京大学心理学部 非常勤講師
【所属学会】日本人間工学会、日本インテリア学会

顔写真 【講師】佐々木三公子 博士(文学) (一財)日本色彩研究所

認知心理学的観点から、色カテゴリーや色記憶といった視覚における色の役割についての研究を行う。またカラーシステムに関する分析ツールの開発にも携わる。
【所属学会】日本色彩学会、日本心理学会

■関連リンク

■サイト内検索

■メルマガ登録

新製品頒布やセミナー情報をいち早くお届けしています。
ご登録はこちらから

Copyright (C) 2019 Japan Color Research Institute All Rights Reserved. −Japanese Version Only−